コンサルティング導入までの流れ|人事評価制度コンサルティングの日本人事経営研究室株式会社

相談から導入までの流れ

※事前に 書籍をお読みいただくとスムーズです

お問合せください

お問合せフォーム

セミナーにご参加ください

面談・相談

基本的にご来社いただいていますが難しい場合は、訪問・電話・Zoomなどでも対応可能です。

導入をご検討される場合

ご提案

御社の状況に応じたコンサルティング内容をご提案させていただきます。

導入をご決定

ご契約

提案内容をご承認いただいたのち、契約書を締結します。

プロジェクト開始

お問合せいただく前にご確認ください

日本人事経営研究室のコンサルティング

日本人事経営研究室では、代表の山元が約10年間を費やし開発した「ビジョン実現型人事評価制度」の導入、運用のサポートを行っております。
「ビジョン実現型人事評価制度」は、経営計画を人事評価制度に落とし込み、運用することで人が育ち、会社が成長するという原理原則に基づいておりますので、まずは経営計画の作成が必要不可欠になります。そこで必ず経営計画がない会社様の場合は経営計画の作成からスタートします。

運用までサポートします

せっかくいい経営計画や人事評価制度ができあがっても、運用しなければ何も成果は生まれません。私たちは、設計:運用=1:9と考えており、経営計画・人事評価制度の運用に重点をおいたコンサルティングで実績をだしています。中小企業が苦手とする改革の浸透と定着のために日本人事経営研究室のコンサルティングをご活用ください。人材育成のPDCAが習慣化するまでサポートさせていただきます。 経営計画の作成のみ、人事評価制度設計のみ、運用のみのサポートは行っておりません。

社長を中心としたプロジェクトの推進をお願いしています

私たちは、設計:運用日本人事経営研究室では、「ビジョン実現型人事評価制度」のプロジェクト推進メンバーとして必ず社長も一緒に推進していただくようにお願いしています。
上述しているように経営計画の作成から行いますので、社長なしではプロジェクトの推進はできません。なぜなら会社をどうしたいか、社員にどういう風に育ってほしいか、社長の強い想いがなければ会社を成長させることができないからです。