人材採用のミスマッチはなぜ起こるのか?その原因と解決方法

人材採用のミスマッチの原因と解決方法

Pocket

  • 人材採用しても早期離職が多い…
  • 人材採用のミスマッチの原因がわからない…

本記事では、こうした人材採用のお悩みにお答えします。

せっかく人材を採用したとしても、早期離職されてしまっては意味がありませんよね。採用までにかけた人的コスト、時間的コストが一気に無になりますし、離職率が高くなれば自社の評判にも響きます。

そうした人材採用のミスマッチは、なぜ起こるのでしょうか。本記事では、その原因と解決方法をお伝えします。

人材採用のミスマッチが起こる原因

人材採用のミスマッチが起こる主な原因のひとつに、企業側と就職希望者側で、理念やビジョンのすり合わせができていないことが挙げられます。ミスマッチの原因としてよく上がるのが、「労働条件が合わなかったのでは?」「企業側がスタッフの多様性を認めないからでは?」という議論ですが、それらはすべて表面上の問題といえるでしょう。

会社が求める人材像、会社自体の将来像、つまり理念やビジョンがきちんと浸透していれば、多少のすれ違いはコミュニケーションの充実で解消できます。「労働条件が合わない」という問題があったとしても、きちんと意思疎通ができていれば、スタッフが会社側へ一方的に不満や不信を抱き、いきなり退職願を叩きつけてくるようなことはなくなるでしょう。多様性の受け入れについても、またしかりです。

理想的な人事評価制度を導入している会社では、意外にも長時間にわたり仕事をしているスタッフが多いことがあります。長時間労働と聞くとブラックな印象を受ける方も多いかもしれませんが、人事評価制度が整っている企業では、社員のモチベーションは高く、進んで仕事に取り組んでいる方が多いです。そうした企業では、会社と社員の「理念・ビジョンの共有」ができています。

理念やビジョンの共有が実現できれば、人材採用のミスマッチもなくせるでしょう。

  • 理念・ビジョンのすり合わせができていない
  • 労働条件等は表面上の問題
  • 人材採用のミスマッチを防ぐには理念・ビジョンの共有が必要

自社が求める人材を採用する方法

人材採用の面接をする男性

自社が求める人材を採用するには、採用面接や採用説明会のときに会社の理念やビジョンを明確に伝え、求める人材像を共有することが不可欠です。理念に共感して集まった人材は、考え方が合う人材ばかりなのでミスマッチが起こる可能性が低くなります。

また、業界で有名なヘッドハンターから聞いた話によると、多くの転職者が、「今の会社にいても、自分の将来性が見えない」と言うそうです。しかしそれは、別の見方をすれば、「自分の将来の目標と会社のビジョンがマッチしていれば、継続して働きたい」と解釈できるのではないでしょうか。

求職者がビジョンに共感し、企業側も「理想の人材にふさわしい」、もしくは「潜在能力があると判断すれば採用する」という体制を取っていれば、会社が求める優秀な人材を採用できる可能性が高まります。そうすると採用の質は著しく上がり、集まる社員の質やレベルはだんだんアップしていくでしょう。

人材採用の前に理念やビジョンを見直してみよう

ここで「自社のビジョンは明確なものだったか?」「社員に浸透しているといえるだろうか?」と頭を悩ませた経営者は、ぜひ基本に立ち返り、理念やビジョンを改めて書き出してみましょう。そして、社員に浸透させる方法を考えてみてください

社員へ理念やビジョンを浸透させるカギは、人事評価制度にあります。理念を経営計画に盛り込み、それを人事評価制度に連動させることで、ビジョンは確実に全社員へ浸透します。

おわりに:理念やビジョンを浸透させて人材のミスマッチを防止する

会社の理念やビジョンを浸透させると、あなたの会社の考えに共感した優れた人材が集まるようになります。しかし、理念・ビジョンの浸透は一朝一夕でできることではありません。社員の心に届くまで、経営者のほうから何度も訴えていく必要があります。

そのためにも、理念やビジョンを明文化して社員にわかりやすく示すことができる「ビジョン実現シート」の作成をおすすめします。作り方は以下の記事をご参照ください。

経営理念をA4用紙1枚に!従業員の理解と共感を助ける「ビジョン実現シート」の作り方

人事評価制度策定に役立つ各種テンプレート無料プレゼント

以下のフォームにご入力いただくと、ダウンロード用URLを記載したメールをお送りします。また、会社のビジョンを実現するための具体的実践例と成功のコツが満載の「山元浩二のメールマガジン」を月2回お届けします!

*
*
メールアドレス*
会社名*
役職*
業種

関連記事


セミナーの詳細はこちらから

ビジョン経営実践塾
詳細はこちらから

カテゴリー

日本人事経営研究室の書籍

人気の記事

最新記事