「人事考課」の役割とは?納得度の高い人事考課の作り方

Pocket

人事考課の役割は、待遇を決めることだけではありません。納得度の高い人事考課を作ることで、社員のやる気の向上や、生産性アップにつながります。人事考課を見直すことで、強い組織づくりを実現させましょう。本記事では「人事考課」の役割についての解説と、納得度の高い人事考課の作り方をご紹介します。

人事考課とは?

一般的に人事考課とは、社員の働きを評価するための仕組みです。仕事に取り組むための能力、勤務態度、業績などについて客観的な視点から評価を行い、全社員に共通する指標を用いて会社への貢献度を見える化します。

会社側は、定期的に行われる人事考課の評価結果をもとに報酬を決定し、昇進や異動などの配置換えを行います。各社員の成長をチェックし、実力や能力に見合ったグレードや部署に配置換えすることで、会社全体の業績アップを狙います。

人事考課と人事評価の違い

人事考課と似た言葉に、人事評価があります。言葉こそ違いますが、同義で使われることが多く、同じように扱ったとしても問題はありません。「考課」は古くから使われてきた言葉ですが、最近ではよりイメージが容易な「評価」を使う企業が多くなってきました。

ただし、厳密には人事評価の中に人事考課が含まれます。人事考課はいわゆる査定のことで、人事評価は査定だけではなく、その査定結果を使って社員の育成を行い、会社の業績を伸ばす仕組みづくり全般を指します。

この記事では、論点を分かりやすくするために厳密な意味の違いを省きました。ここからは、人事考課=人事評価であるという視点から、人事考課の役割や作り方を解説します。

本当の人事考課の役割とは?

人事考課の本当の役割は、会社が望む方向に社員を成長させ、強い組織づくりを実現することです。大半の人は、人事考課と聞くと「会社が社員の給与や賞与を決める仕組み」「社員の仕事ぶりを評価する仕組み」「信賞必罰を明確にするための仕組み」というイメージを抱くことが多いですが、人事考課の役割は、それらだけではありません。

人事考課は人材育成と結びつくものであり、社員と会社がともに成長していくためのツールです。この視点から制度をつくれば、組織は結束力を高め、ぐんぐん業績を伸ばしていけます。

納得度の高い人事考課の作り方

人事考課を社員の成長に役立てるためには、納得度の高い制度でなければなりません。各社員が考課の結果に納得し、「今後も仕事に前向きに取り組もう」という意識を持たなければ、成長は望めないからです。

しかし一般的に、人事考課に対して「社員の5割以上が不満を持っている」というのが実態です。ここを変えていかなければ、どんなに優れた仕組みを作っても宝の持ち腐れになってしまうでしょう。次に納得度の高い人事考課のつくり方をご紹介します。

経営計画と人事考課の設計と運用をセットで行う

経営計画と人事考課は、セットで考えましょう。なぜなら、社員だけではなく、会社が成長するための仕組みが人事考課だからです。会社がどう成長するのか、その道筋がわからなければ、制度設計はできません。会社の成長設計図は、経営計画にあります。

経営計画は1年ではなく、5年~10年の長いスパンで考えるのがおすすめです。会社の進むべき方向性、到達すべき目標を概念と数値で表し、それを実現するための人材像を浮き彫りにしましょう。社員が理想の人材像に近づくための評価指標を、人事考課に落とし込んでいきます。

経営計画発表会を行い全社員とビジョンを共有する

経営計画ができた時点で、発表会を行いましょう。全社員を集め、会社の「ありたい姿」について社長自らが宣言することで、社員とビジョンを共有します。

会社が進むべき方向性を知ることで、社員たちには「それを実現する人材にならなければ」というはっきりとした目的意識が芽生えます。この意識を持ってもらえれば、人事考課はスムーズに行き、効果に対する社員の納得度も高くなってきます。それも、人事考課が経営計画に基づいて設計・運営されているからこそです。

評価制度を設計する

経営計画発表会が済んだら、ヒアリングによって現状の人材の仕事レベルを確認し、会社の理想像とのギャップを洗い出しましょう。その後、能力やスキルに応じたグレードを設定し、評価項目を作成していきます。

必須となる評価項目は、「業績項目」「成果項目」「能力項目」「情意項目」の4種類です。「業績項目」で数値目標を明確にし、業績に直結する「成果項目」を作成し、役割を実行するために必要な「能力項目」を定め、仕事に対する姿勢や考え方を定めた「情意項目」を定めます。各項目の取り入れ方については、以下の過去記事を参考にしてください。

人事評価の絶対評価と相対評価の役割の違い、人事評価に必要な4つの評価項目

「情意考課(情意評価)」は経営理念の実現に不可欠、人事評価に取り入れる際の5つのポイントとは

納得度アンケートで仕組みをブラッシュアップ

人事考課を行うたびに、納得度アンケートを行いましょう。考課の結果に納得したかどうかを、全社員にアンケートで確かめるのです。新しい人事考課を設計したら、本格的な運用までに3回はトライアル考課を行い、アンケート結果によってブラッシュアップを図るのが理想です。

最初は納得度が50%近くからのスタートであっても、制度の見直しとアンケートを継続していくことで、納得度をアップさせることができます。弊社の全クライアント平均データとしては、納得度アンケートで「評価結果に納得した」と答えた人は94.3%です。経営計画と人事考課を連動させた仕組みの効果は、納得度の高さとして実証されます。

おわりに

「古くからある人事考課が、今の評価基準に合わないような気がする」「高い報酬を与えていても、社員のやる気や業績アップにつながらない」と感じているなら、人事考課の仕組みを見直す時期です。「強い組織をつくる」という人事考課本来の役割に立ち返り、経営計画を確認することから始めましょう。

また、人事考課は人事部の人間だけで作るべきものではありません。納得度の高い制度をつくり、社員のモチベーションを上げていくためには、「全社員とともに作り上げていく」という姿勢が経営側に必要です。会社が一丸となって一つの目標に進むためにも、社員の声に耳を傾けながら、自社に合った人事考課を作成しましょう。

人事評価制度策定に役立つ各種テンプレート無料プレゼント

以下のフォームにご入力いただくと、ダウンロード用URLを記載したメールをお送りします。また、会社のビジョンを実現するための具体的実践例と成功のコツが満載の「山元浩二のメールマガジン」を月2回お届けします!

*
*
メールアドレス*
会社名*
役職*
業種

関連記事


セミナーの詳細はこちらから

ビジョン経営実践塾
詳細はこちらから

カテゴリー

日本人事経営研究室の書籍

人気の記事

最新記事