社風の合う・合わないを社員はどこで判断する?経営者が考えるべき社風の作り方

Pocket

  • 社風とはそもそもどんな意味なのか?
  • 良い社風を作るためにはどうすればいいのか?
  • 優秀な人材を得るためにどんな社風を作ればいいのか?

本稿では、このような疑問にお答えします。

会社を作っていく上でどうしても出てきてしまうのが「社風」。一般的には社風とは会社の雰囲気や方針などを指すように思われていますが、いざ社風を具体的に説明するとなるとなかなか難しいものですよね。

しかし、良い社風を作り、優秀な人材に合う社風にするためには経営者や中間管理職の努力が必要となります。逆に何もせずなあなあで放置しておいてしまうと、気が付いたら社風に合わない社員が続出してしまい、結果として大きな人材の流出に繋がってしまうことも。

本記事では、社員目線での社風の見方も混じえつつ、どのように会社の社風を作っていけば良いか、どんな社風にすれば優秀な人材を集められるかについてご紹介していきます。

まず結論から言ってしまうと、以下のような事項が必要になると言えるでしょう。

  • 人間関係、価値観、職場の雰囲気、業務の進め方などを見直す
  • 新しいことにチャレンジしやすい環境を作る
  • 経営理念の共有を図る

社風とは何を指すのか?

では、そもそも社風とはどのようなものを指すのでしょうか?
「社風」という言葉は大手百科事典サイト「コトバンク」によると、以下のように定義されています。

企業の中の人々に共有された行動の様式,スタイル。それぞれの企業は意思決定の方法,伝達の方法,上下間の接触の仕方,共同の方法,説得の方法などに関して独特の特徴を持っている。

社風は,企業の価値観,信念,規範としての目に見えない企業文化を知る重要な手掛かりである。

引用:社風(しゃふう)とは – コトバンク

つまり、企業の持つ価値観や業務の方法などを総称して「社風」と言っている、ということです。

ここから分かるのは、社風を考えるときは単に会社の雰囲気作りなどを考えるだけではなく、業務の改善や人事評価の見直しなども必要になる、ということでしょう。

shutterstock_549068092

社風が合う・合わないはどこで判断される?

次に、社員の目線から考えたとき、その会社の社風に合うか合わないかはどこで判断されるかをご説明します。

今後新たな人材を得るためや、会社内の人材を手放さないためにもこういった事項はきちんと頭の中に置いておくべきでしょう。場合によっては、今の状況を再確認する必要があるかもしれません。

人間関係

会社において、一人で行える業務はほとんど存在しません。基本的に社員はそのチームや部・課の中で協力して業務を行います。

しかし、その組織の中で人間関係の悪化が見られてしまっては、円滑に進む業務も進まなくなってしまうでしょう。事実、辞職を志願する社員の多くはその理由に「人間関係」を挙げているようです。

価値観

例えば、国境をまたいだ国際的な業務を行いたいと思っている社員が国内向けの業務を主に行っている会社に勤めてしまっては、どこかで不満が出てきてしまうのも当然のこと。

このように、会社の持つ価値観や方針と社員の志向が一致するか否かというのは非常に重要となって来ます。もちろん簡単に会社の持つ理念を変えるわけにも行きませんから、人材を雇用する際、きちんと説明を行うなどといったことが必要となるでしょう。

職場の雰囲気

社員の中には、いわゆる「アットホームな雰囲気」が良い人もいれば、ある意味ビジネスライクな関係を好む人もいるでしょう。

そういった中で、社内の雰囲気は非常に重要となって来ます。これも簡単に変えてしまえるものではありませんが、社内に鬱屈とした雰囲気を感じた場合、何かしらの対策は施すべきかもしれません。

業務の進め方

また、社内にはのんびりと1つの業務をこなしたい人物もいればテキパキと次から次へ動き回りたい人物もいます。効率的にコンピュータで業務を自動化するか、人の手で首尾一貫して業務を行うかも違います。

このように、業務が社内でどのように進められているかも大きな社風のファクターです。

経営者が考えるべき社風の作り方

では、経営者はどのような社風作りを考えれば良いのでしょうか?
ということで次に、優秀な社員が好みやすい社風作りを考えて行きます。

新しいことにチャレンジしやすい

優秀な人材ほど、新たな物事にチャレンジして何かを得ようとするもの。会社の社風がそれを応援しているとあらば、きっと優秀な人材はそれを求めてあなたの会社を選ぶことでしょう。

経営理念の共有

会社の進む方向がうまく定まっていない中では、有能な人材でも実力を発揮することは難しくなります。社の持つ経営理念や行動理念、将来のビジョンなどをきちんと共有し、社風に取り入れることも重要となるでしょう。

経営理念については、以下の記事も参考にしてみて下さい。

経営理念とは?社員の成長が加速する経営理念の作り方 5つのステップ、参考にしたい事例7つも紹介

おわりに

今回は、社風とはいったいどのようなものなのか、どのような社風を作ればいいのかについてご説明して参りました。

皆さんの会社はいったいどのような社風となっているか、これを機にぜひ見直してみてはいかがでしょうか。

人事評価制度策定に役立つ各種テンプレート無料プレゼント

以下のフォームにご入力いただくと、ダウンロード用URLを記載したメールをお送りします。また、会社のビジョンを実現するための具体的実践例と成功のコツが満載の「山元浩二のメールマガジン」を月2回お届けします!

*
*
メールアドレス*
会社名*
役職*
業種

関連記事


セミナーの詳細はこちらから

ビジョン経営実践塾
詳細はこちらから

カテゴリー

日本人事経営研究室の書籍

人気の記事

最新記事