実は、小さな会社ほど女性を活用している!|人事評価制度コンサルティングの日本人事経営研究室株式会社

実は、小さな会社ほど女性を活用している!

最近、メディアでは、女性に関する報道や記事を
よく見かけます。

 

巷で話題の女性大臣問題はさておき、
私たちがかかわる中小企業の実態はどうなって
いるのでしょうか。

 

総務省のデータによると、
女性雇用者の比率を規模別に見ると、
実は、規模が小さな会社ほど女性の比率が多い
というデータがあります。

 

2010年度を見ると、
1~29人 45.3%
30~99人 44.8%
100~499人 43.0%
500人以上 38.3%
「企業規模別にみた女性雇用者の割合(非農林業)」
総務省統計局「労働力調査」

 
また、正社員に占める女性比率についても、
大企業 21.7%
中小企業 29.5%
中小企業庁「中小企業白書」(2009年度版)
となっていて、パートも含めた従業員としての活用状況
はむしろ大企業より高いということがいえるようです。

 
ところが女性管理職がいる企業の比率をみると、
大企業のほうが高くなっています。

 
中小企業の経営者はみなさん、
「女性のほうが優秀」
とおっしゃいます。
女性の実力と価値は認めているのです。

 
一方で、女性が育つための社内環境ではいかがでしょう?

 
やはり、ここで大手と中小の差がついてしまっている
といわざるを得ないでしょう。

 
非常にもったいないことだと思っています。

代表プロフィール

山元浩二

Koji Yamamoto

facebook

日本で随一の人事評価制度運用支援コンサルタント。
日本社会を疲弊させた成果主義、結果主義的な人事制度に異論を唱え、10年間を費やし、1000社以上の人事制度を研究。
会社のビジョンを実現する人材育成を可能にした「ビジョン実現型人事評価制度R」を日本で初めて開発、独自の運用理論を確立した。 導入先では社員の評価納得度が9割を超えるなど、経営者と社員双方の満足度が極めて高いコンサルティングを実現。その圧倒的な運用実績を頼りに、人材育成や組織づくりに失敗した企業からオファーが殺到するようになる。
地元福岡で2001年に創業、2013年には東京に本社を移転し、全国的にもめずらしい人事評価制度専門コンサルタントとしてオンリーワンの地位を築く。
業界平均3倍超の生産性を誇る自社組織は、創業以来、増収を果たす。
2013年11月『小さな会社はリーダーを人事評価制度で育てなさい!』を発刊。
代表著書に累計20刷のロングセラーを誇る『小さな会社は人事評価制度で人を育てなさい!』(KADOKAWA/中経出版)などがある。
1966年、福岡県飯塚市生まれ。

著書:
小さな会社は人事評価制度で人を育てなさい!
「一生懸命」な「まじめ」社員を『稼げる』人材に育てる法
小さな会社は人事評価制度でリーダーを育てなさい!
3ステップでできる!小さな会社の人を育てる人事評価制度のつくり方
小さな会社は経営計画で人を育てなさい!
小さな会社の人を育てる賃金制度のつくり方

人気記事

新着記事

カテゴリー