ミニ講座vol.028

優秀な社員には仕事をさせるな!

『優秀な社員から辞めていく・・・』
 
人事評価や教育体系の整っていない会社が抱えている大きな悩みの一つです。
 
当然、優秀な社員を評価する仕組みや給与、福利厚生面の仕組みが充実していないという点もその理由の一つですが、他にももっと重要な理由があります。
 
それは、優秀な社員にやりがいを持てる仕事をさせていない、ということです。
 
優秀な社員ほど、新しいものを生み出す仕事、顧客や会社に貢献度の大きな仕事を任せてもらえないと仕事にやりがいを持つことはできません。
 
中小零細企業の現状はどうかというと優秀な社員ほど仕事ができるので、彼に仕事が集中してしまいます。それが重要な仕事か誰でもできるような仕事かは関係なく彼に仕事が依頼されてしまうのです。
 
結果、自分が本当にやりたいクリエイティブな仕事はいつまでもできずに、他人から頼まれた雑多な仕事をこなすことで日々過ぎて行くことになります。
 
優秀な社員は仕事を通じて自分が成長していないとその仕事に充実感は感じません。
 
そのうち、「この会社では自分は成長できない」、(または成長するのが遅くなる)と思い辞めていくのです。
 
これを防ぐためにはどうすればよいのか・・・。
 
【優秀な社員には仕事をさせるな!】ということです。
 
クリエイティブな新しいものを生み出す仕事で成果を出すためには、考える時間が必要です。優秀な社員に現状の仕事をどんどん任せてしまうとその考える時間を奪ってしまうのです。
 
優秀な社員を成長させ、仕事にやりがいを持ってもらうにはその考える時間をつくってあげることが大切なのです。
 
あなたの会社ではどう生かしますか?
 
「ウチにはそんな優秀な社員はいない・・・」なんて言わないでくださいね。

日本人事経営室ウェブサイトトップへ